オフィスで実践!ストレスから開放されるヒント

更新日:2021年9月7日




目次


1.ストレス解消の第一歩は「知ること」

ストレスの正体を知る

第三者に話す

メモに書き出す

2.ストレス解消グッズはさまざま!

コンビニなどにあるチューイングガム

アップルジンジャーティー

香りもの

3.簡単に実践できるマインドフルネス

マインドフルネス(mind-fullness)とは?

デスクに座りっぱなしにせずメリハリをつける

日常のルーティンに意識を向ける

4.できることをやってみる。それの積み重ねがリラックスとなる。




「ストレスに押しつぶされそう。どうしていいのかわからない。」

こんな心の声が自分から聞こえてくることはありませんか?


責任あるプロジェクトや緊迫感のある日常からストレスに追われてしまうとき、是非これから紹介する”今すぐできる”ストレス解消法を試してみてください。




ストレス解消の第一歩は「知ること」


まず皆さんのストレスはどこから来ているのかを知ることが、解決策を見出すための大切な一歩です。


ストレスの正体を知る

モヤモヤする気持ちをそのままにしておくと、正体がわからないものに対峙することになってしまいます。何がストレスを生んでいるのか現状を分析することで、少し肩の力が抜けるでしょう。また誰に、どんなことを助けてもらえばいいのかわかり、ネクストアクションが次第と見えてきます。


第三者に話す

チャンスがあれば第三者に話してみましょう。誰かに弱音を吐くことはストレス解消になるイメージがあると思います。専門家によると、第三者にあなたのことを話すという行為は、あなたが他人に対してどんな感情を抱いているのか知る手助けになるといいます。


メモに書き出す

書き出すこともストレス解決に繋がるんです。書いているうちに、自分の頭の中を整理できたり、ポジティブな思考に切り替えられてきます。




ストレス解消グッズはさまざま!


「ストレス社会」と呼ばれる近年、ストレス解消ができる商品が数多く生まれています。オフィスのデスクに忍ばせられるような、手軽なアイテムを厳選しました。


コンビニなどにあるチューイングガム

フレーバーつきのガムはリラックス効果があります。ガムを噛んでいた人のほうが、仕事中に感じるストレス量が少なかったという調査もあります。


アップルジンジャーティー

紅茶を淹れると、ほっと一息つけませんか?ここでおすすめなのは、ストレス緩和効果がある「アップルジンジャーティー」です。少し気持ちが詰まってきたら紅茶を飲む習慣をつけると、気持ちの切り替えの手助けになります。


香りもの

デスクに自分好みのオイルを置いておくのはいかがですか?3滴ほどハンカチにオイルを垂らして香りを楽しむと、10分間ほどの休憩でリフレッシュできるそうです。




簡単に実践できるマインドフルネス


ネガティブな考えに囚われてしまいそうなとき、思考プロセスとしての解決策となるのがマインドフルネスと言われています。


マインドフルネス(mind-fullness)とは?

これは過去や未来のことは頭の中から追い出し、今に集中する心理体験です。なにかに追われている時、その原因は過去の出来事について考えてしまうことや未来への不安感であることが多いです。


デスクに座りっぱなしにせずメリハリをつける

簡単にできるマインドフルネスのひとつに、一つの場所に座りっぱなしになることを避けるというものがあります。多量のタスクや締切に追われていても、一度立ち上がることで頭の中がリフレッシュされて作業がスムーズに進むかもしれません。


日常のルーティンに意識を向ける


「今」に集中するマインドフルネスを毎日の行動に活かしてみましょう。歯を磨く、顔を洗う、掃除機をかけるといったルーティンにも意識を向けて丁寧に行いながら今に集中することで、ストレスを頭の外へ追い出してみましょう。




できることをやってみる。それの積み重ねがリラックスとなる。


いざストレスになるような大きな壁に立ちはだかると、何をしていいのかわからなくなり混乱してしまうことがあると思います。まずは簡単にできるささいなストレス解消法の積み重ねてみて、今に集中することを是非意識してみてください。