同時に“イク”には?パートナーとのオーガズムギャップを埋めて一体感のあるセックスを




目次

  1. 同時に「イク」にはどうする?オーガズムのタイミングを合せる方法

  2. 「一緒にイク」を叶える、セックストイを使った練習方法

  3. パートナーとのオーガズムギャップを埋めて、一体感のある極上のセックスを



パートナーとどんなセックスをした時に、「身体の相性がぴったり」「セックスをするならこの人しかいない」と感じますか?その代表的なシーンの一つが、パートナーと一緒にオーガズムを迎えた時。パートナーと同時に“イク”という経験をすることで、この上ない一体感や充実感が得られるでしょう。この記事では、パートナーと同時にオーガズムを迎えるためのハウツーをご紹介。オーガズムギャップを埋めて、心も身体も一つになる幸せなセックスを体験してみましょう。



同時に「イク」にはどうする?オーガズムのタイミングを合せる方法


オーガズムを迎えるタイミングがなかなか合わない、という悩みを抱える女性も少なくありません。しかし、そもそも男女の間でオーガズムに達するまでに要する時間は異なるもの。そのため、イクというタイミングに差が生じてしまうのは自然なことなのです。

その一方で、パートナーとタイミングを合わせるためのコツを掴めば、一緒にオーガズムを迎えることも十分に可能。さっそくオーガズムのタイミングを合わせる方法をチェックしてみましょう。

厚めのコンドームを使用する

パートナーの方がオーガズムを迎えるのが早い、という場合は、厚めのコンドームを使用してセックスをしてみましょう。薄手のコンドームに比べて感度が高まるスピードが遅くなるため、オーガズムを迎えるタイミングも遅くなるはず。いつもより長い時間をかけて愛し合うセクシャルタイムを楽しんでみて。


ラブコスメを使ってオーガズムを引き寄せる

オーガズムを迎えるまでの時間が長いと感じる時は、ラブコスメを活用してみましょう。デリケートゾーンにやさしく塗りこんでおけば、潤いが増して挿入時の摩擦も抑えられやすく、気持ち良いという感覚だけに集中しやすい状態に。マッサージをするように優しく塗り込めば、奥の方からムズムズとした感覚が押し寄せてきて、次第に感じやすい身体に変化。心も開放的になり、迫りくる快感を素直に受け入れることができれば、オーガズムに達するまでの時間を短縮することにもつながるでしょう。


パートナーと気持ちを共有して、一緒にオーガズムを目指す

オーガズムを迎えるタイミングを合わせるうえで何よりも大切なのは、 「一緒にオーガズムを迎えたい」という気持ちをパートナーと共有しておくこと。お互いの心と身体の高まり具合によってタイミングが左右されることだからこそ、同じ気持ちを共有して、心も一体化しておきたいところです。また、何度か身体を合わせる中で、互いがオーガズムを迎えるタイミングを理解しておくことも必要。どちらか一方が頑張るのではなく、お互いが歩み寄って、自分たちならではの気持ち良さを追求してみて。



「一緒にイク」を叶える、セックストイを使った練習方法


パートナーと同時にオーガズムを迎えるために、セックストイを使ってできる練習方法をご紹介します。


マスターベーションで感じやすい身体づくりを

パートナーとのセックスでオーガズムを迎えるには、マスターベーションで感度を高めておくことも有効な手段。女性の身体は経験を重ねていくことで、オーガズムを迎えやすい状態に変化していくもの。まずはマスターベーションで自分の気持ち良い場所を探して、オーガズムに達するという経験を重ねていきましょう。

また、パートナーと一つになった状態でオーガズムを迎えるには、膣内の刺激で達する準備も整えておきたいところ。自分の手だけではなかなか気持ち良いと感じることはできない、という人も多いので、膣内に使用することを目的としたセックストイを活用するのがおすすめです。


パートナーと使って「一緒にイク」を体験

パートナーとのセックスの時にセックストイを使用して、「一緒にイク」という感覚を身体に覚えさせるという方法も。一緒にオーガズムを迎えるタイミングや気持ち良さを把握すれば、あとは反復練習をするのみ。セックストイを使って同時にオーガズムを迎える経験を重ねたら、徐々にセックストイなしでタイミングを合わせる方向へシフト。次第にセックストイに頼らなくても、一緒にオーガズムを迎えられる身体にそれぞれなってくはず。



パートナーとのオーガズムギャップを埋めて、一体感のある極上のセックスを


男女では身体のつくりも違うえ、感じやすさも人それぞれ。そのため、パートナーとオーガズムギャップがあることは何ら不思議なことではありません。しかし、心と身体の両方が満ち足りたセックスを目指すには、お互いが歩み寄ってオーガズムギャップを埋めていくことも大切です。

パートナーと同時にオーガズムを迎えられた時、お互いの心の中でこの上ない幸福感と新たなときめきが芽生えるかもしれません。パートナーとのオーガズムギャップを埋めて、一体感のある極上のセクシャルライフを過ごす手みてはいかが?